大阪で永住権の申請ならお任せ下さい!
確かなノウハウを活かして永住権の取得を代行
小林かずよし行政書士事務所
お客様を永住権の取得へ導きます

永住権によりビザの在留期限が無くなります

永住権とは、元々の国籍のまま、日本に住み続ける権利のことをいいます。

永住権を取得した外国人の方は「永住者」という在留資格で日本に在留することになり、就労制限が無くなったり、ビザの在留期限が無くなるため、より快適に日本で暮らせるようになります。

 

当事務所では、「将来もずっと日本に住み続けたい」という想いをお持ちの方のために、永住権の申請をサポート・代行しています。どんな些細なことでも気軽にご相談下さい!

 

永住権の申請はビザ申請を専門とする行政書士にお任せ下さい

永住権取得のため要件】

 

永住権取得のために要件が定められてはいますが、最終的な許可・不許可の判断は法務大臣の裁量によるとされています。そのため、確実に許可になるとういうような明確な基準は存在しないのですが、法務省は以下のような永住許可に関するガイドラインを公表しております。

 

1.素行が善良であること

日本国内での法律を守って、まじめに生活しているかどうか、ということです。

懲役や禁固刑など処せられたことがないことです。ですが、処罰された場合でも特定の期間が過ぎれば許可になる可能性もあります。

具体的には、禁固や懲役の場合は出所後10年を経過、罰金・拘留などの場合は支払いを終えて5年経過すれば処罰されたものとしては取り扱われません。

また、例えば、違法行為でも軽微なもの(駐車禁止や一時停止違反等)であれば許可は取得できる可能性があります。

 

2.独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること

生活保護を受けている等、日本で公共の負担になるようなことがなく、安定的な生活が送れるように定職について生活費を得ていることや、十分な資産があるかどうかです。

経済的な面での生活の継続性と安定性が審査されます。

 

審査ポイントとして、年収が過去3年間にわたって300万円以上あるかどうかが重要です。ただし、扶養人数によっては、必要とされる年収は高くなります。目安として扶養人数が1人増えると年収70万円をプラスして考慮する必要があります。

 

3.日本の利益に適合すると認められること

抽象的な表現ですが、具体的には下記のようなことです。

 

(1)原則として、引続き10年以上日本に居住し、このうち就労資格または居住資格を持って5年以上在留していること。

ここの「引続き」とは、在留資格が途切れることなく日本に在留し続けていることを意味します。

 

(2)罰金刑や懲役刑を受けておらず、納税義務等の公的義務を履行していること

納税義務等というのは、住民税、国民健康保険、年金等のことです。そもそも支払っていないというのはNGですが、ただ支払っていればよいというものでもなく、支払い期限もしっかり守っている必要があります。期限を守れていなかった場合は、直近1年間はしっかり期限通り支払って実績を作った後に申請することが望ましいです。

 

(3)現在有している在留資格(ビザ)が最長の在留期間を持っていること

5年という在留期間が存在しますが、当面の間は、在留期間3年を有する場合は、「最長の在留期間」として取り扱われます。

 

(4)公衆衛生上の観点から有害となる恐れが無いこと

指定感染症の患者でないことや、麻薬や覚せい剤の慢性中毒者でないこと等のことです。

 

 

※(1)の例外

 

原則10年以上日本に住んでいることが永住許可取得の要件にはなりますが、例外があります。

(例外1)日本人、永住者および特別永住者の配偶者の場合、実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること。その実子等の場合は1年以上日本に継続して在留していること。ちなみに、日本人等の配偶者であればよく「日本人の配偶者等」の在留資格を有することまでは求められておりません。そのため、いわゆる就労ビザ所有の外国人の方であっても婚姻していて要件を満たしていれば永住許可を取得できる可能性があります。

 

(例外2)定住者の在留資格で5年以上継続して日本に在留していること。

 

(例外3)高度専門職奨励に規定するポイント計算を行った場合に、3年前から70点以上のポイントを有していたことが認められる者。

 

(例外4)高度専門職奨励に規定するポイント計算を行った場合に、1年前から80点以上のポイントを有していたことが認められる者。

 

上記のように、例外のケースに当てはまれば、原則10年という期間が緩和されることになります。

 

 

Check!
日本で安定した暮らしを送れます
在留期間の制限がなくなる点は永住権取得の大きなメリットです
Point1

ビザ専門の行政書士が対応

ビザと入管業務に特化した専門の行政書士が対応致します。

帰化申請とは異なり、国籍はそのままに日本に住み続けることができる「永住権」の取得をサポートしています。

いくら書類を準備して申請したところで永住の要件を満たしていないと不許可となりますので、まずは要件を満たしているかしっかり判定し、その後に入管に提出する各種書類の作成・準備をスピーディに行います。

Point2

全国対応可能

ビザ専門の行政書士として、全国からお問合せいただいております。

当事務所は大阪に拠点がございますが、関西の入管の他にも、東京、名古屋、広島、高松、福岡入管での申請実績があります。

また、海外からもお問合せいただいております。

遠方の方は電話やzoom等を用いて、リモートで対応することも可能です。

遠方の方も手厚くフォローさせていただきますので安心してお問合せ下さい。

Point3

思いやりのあるサポートを徹底

ビザ申請や永住権取得のサポートを行い、確かな信頼と実績を積み重ねてまいりました。

相談者様が安定的・継続的に日本で生活できるよう、入管業務専門の行政書士として真心込めたサポートを行います。

個人事務所の強みを活かして、柔軟に対応させていただきます。連絡も密に取り、お客様を不安にさせるようなことはございません。

申請にあたりプライベートな事もお聞きしますが、プライバシー保護も徹底しておりますのでご安心下さい。

小林かずよし行政書士事務所の強み

5つの特徴

  • REASON
    01

    初回相談・訪問無料

    初回相談は1時間まで無料です。

    大阪市内から1時間圏内でしたら、無料で訪問いたします。

    ※1時間を超える範囲の方は要相談

    ※全国対応も可能です。

    3600726_m_R
  • REASON
    02

    追加料金無しの明確な料金

    追加料金は一切いただきません。
    お問い合わせ・面談の後、内容を把握した上で、
    ご依頼いただく前にお見積りを提示致します。
    「実際にお願いしたら高額の費用を請求されるんじゃないの?」
    というご心配はお掛けしません。

    shinnryokuFTHG2900_TP_V_R
  • REASON
    03

    完全返金保証

    許認可・申請案件について、万が一不許可となった場合には全額返金致します。

    153007_s_R
  • REASON
    04

    迅速な対応

    お問い合わせフォームやメールでご連絡をいただいてから、
    1営業日以内にご連絡を致します。

    ※1営業日以内に当事務所から返答がない場合は通信障害等の可能性がございます。
    その場合はお手数ですがお電話でご連絡お願い致します。

    RED2020906B011_TP_V4_R
  • REASON
    05

    時間外・土日祝対応

    面談について、平日にご都合がつかない方等、
    営業日・営業時間外でも、柔軟に対応させていただきます。

    ※事前にその旨をご相談下さい。

    Redsugar20207105_TP_V4_R

サービスの流れ

  • STEP
    01

    お問合せ

    電話、メールで概要を確認させていただきます。
    面談時に持参いただきたい書類等があれば、
    お問い合わせ時にご連絡致します。
    ※メール問い合わせについて、1営業日以内に返信致します。

    問合せ
  • STEP
    02

    面談

    直接お会いしてご相談をお受け致します。
    お客様のご都合に合わせて、無料で出張相談も対応致します。
    ※大阪市内より1時間以内圏内(それ以遠の地域については、別途ご相談下さい。)
    相談内容に応じて、スケジュールや対応内容等をお伝えします。

    面談
  • STEP
    03

    お見積り

    面談での内容を踏まえてお見積りをご提示します。
    必ず事前に料金の説明を致します。
    事前の説明なしに追加費用をいただくことはありません。

    見積もり
  • STEP
    04

    お申込み

    当事務所の方針、お見積り内容などにご納得頂ければ、
    お申込みをお願い致します。(ご契約締結)
    ご納得頂かないまま契約を進め、
    お互いに嫌な思いを抱えることほど不幸なことはありませんので、
    ご納得いただくまでご説明致します。

    申し込み
  • STEP
    05

    ご依頼内容に着手、結果のご連絡

    案件により内容は異なりますが、
    申請書類作成、必要書類の準備等、ご依頼の内容に着手致します。
    申請後に入管より結果を受領しましたら、結果をご連絡致します。また、作成した書類(申請書類のコピー)のお渡し等を行います。

    完了

料金

永住権の申請手続きサポートについての料金です。詳細はお見積り致します。

サービス内容

報酬(税込)

永住権取得

165,000円

※手数料、実費は別となります。

上記金額は役所での書類代行も含めたフルサポートの料金です。

対応範囲を調整することで費用の相談も承ります。

 

以下に該当する場合は記載の報酬額に追加となります。

内容 追加額
不許可からの再申請 +25,000円
過去に自主出国歴(オーバーステイ等)がある場合 +50,000円
過去に退去強制歴がある場合 +150,000円

 

【サービス内容】

1.永住権に関する相談 無制限

2.必要書類のリストアップ

3.書類の収集代行 

 ※場合により、お客様でご準備いただく書類もございます。

4.申請書・理由書等の必要書類の作成

5.出入国在留管理局への申請代行

6.審査官からの質問に対する回答、追加提出資料への対応

7.結果通知の受取り

8.新しい在留カードの受取り

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6225-2080 06-6225-2080
080-3799-1226 080-3799-1226
9:00~18:00
Access

事務所を大阪市の肥後橋に構えており隣県など幅広い地域への訪問に対応しています

概要

事務所名 小林かずよし行政書士事務所
住所 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1江戸堀センタービル B1F25号室
電話番号 06-6225-2080
080-3799-1226
お客様との面談や移動していることも多いため、携帯電話が確実です。
出れない場合は、着信履歴から折り返し致します。
営業時間 9:00~18:00
平日にご都合がつかない方等、
営業日・営業時間外でも、
柔軟に対応させていただきます。
定休日 土日祝
対応エリア 大阪市を中心に堺市など近隣各地域

アクセス

初めて行政書士を利用される方にもご安心いただけるよう、明確な料金システムと分かりやすいお見積もりをご案内しています。ビザ申請を専門とする行政書士を大阪市周辺でお探しなら、一度相談してみませんか。
特徴

「日本で暮らし続けたい」という想いを尊重いたします

過去にオーバーステイなどがある方にもご相談いただけます

外国人が日本国籍を取得することを「帰化」と呼ぶ一方、国籍はそのままに、日本で永住するための権利を「永住権」と呼びます。洗練されたノウハウと確かな技術力を有するベテランの行政書士が、「生涯日本で暮らしたい」「在留期間に捉われず、伸び伸びと日本で過ごしたい」という想いにお応えし、権利の取得を手厚くサポートいたします。自己申請や他社申請で一度不許可となってしまった方や、過去に自主出国歴・退去強制歴のある方も気兼ねなくご相談いただけます。まずはしっかりとお話をお伺いし、ご相談者様の状況に合わせて必要書類のリストアップや作成、また、出入国在留管理局への申請代行などを実施いたします。万が一不許可となった場合は返金を行うなど、安心の保証体制を設けている点は特長の一つです。

 代表挨拶

こんにちは。当事務所代表の小林司佳(こばやしかずよし)です。

当ホームページにご訪問いただき有難う御座います。

 

私は行政書士として開業する前は、調整・交渉のプロ、コンサルタントとして企業に勤務し、クライアントの立場に立ったアドバイス、 サポートを心がけてきました。
現在は英語対応可能な行政書士(TOEIC 900以上所有)として、外資系・日系企業での幅広い勤務経験をベースに、法律と書類作成のプロとして、お客様の立場に立ち親身になって対応させていただいております。

主な活動拠点は大阪ですが、全国の入管への申請実績も御座います。

「こんなこと相談していいのだろうか?」と思われるようなことも気軽にご相談ください。柔軟に対応させていただきます。

一人でも多くのお客様のお役に立てれば幸いです。

 

【略歴】

1982年(昭和57年) 9月12日生まれ

大阪府立高専卒業

カナダ(バンクーバー)へ留学

外資系物流企業(DHLグループ)、外資系メーカー(エリクソン)、商社(東レグループ)、物流コンサルティング会社(センコーグループ)で勤務し、貿易・物流業務をメインとして様々なプロジェクトに携わる。

2018年度に行政書士資格を取得。

 

【保有資格】

・行政書士(登録番号:20262339)

・TOEICスコア 905

・TESOL(英語教授法資格) 

・監理責任者等講習修了 他

 

小林かずよし行政書士事務所の代表写真
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事